Copyright(c)2005 OBATA DESIGN INC. All Rights Reserved.

リゾートでの休日 May,16 Mon

 近頃、沖縄がおもしろい・・・との事で、
我家もGW前半に人気のザ・ブセナテラスが運良く予約出来、
何年振りかの家族旅行と張り込んでみた。

 GWなのでお値段もかなりなもので、
行く前から「タダでは帰らないように!! 仕事のヒントを得るように!!」との気持ちで
出掛けたのだが・・・。

 噂どおりブセナは最高の休日を約束してくれるホテルだった。

 若いカップル、訳有りカップル風、熟年カップル又はグループ、そして親子連れ。
 客層はだいたいそんなもの。
 自分達も親子連れなので、どうしてもそちらに目が向く。

 しかし、羽田チーム・関空チーム・セントレアチームとそれぞれカラーがあるようだ。

 プールサイドで娘と読書(雑誌類)をしていると、
 どこからか「4時までにケーキセット食べんと、このチケット無効になるやん。
 早よ行くでー」
 「プールで遊びたい」
 「ダメダメ」と、無理矢理子供を連れ去る『おかん』の声が。
 これは関空チームに違いない。

 またビーチにて、
 「海はイヤ! プールがいい〜!」と泣き叫ぶ子供に、
 「せっかくだから海に入りゃあ!」と言うお母さんはセントレアチーム。

 そういう私も娘に「せっかくやから・・・」と、無理矢理ゴーヤジュースを飲ませる。

 そしてその「せっかく」には追加料金が掛かってはいけない。
 「せっかくだから」と飲めもしないのに『古酒』をオーダーし、一口でギブアップした夫。
 その後、くどくどと叱られる事になる。

 二日目の朝、メインダイニングで静かに朝食をと洒落こんだ。
「ここは静かだね。子供居ないから・・・」

 いいえ、よく見るとファミリーばかりだ。
 小学生や幼児も多い。
 そう、羽田チームが品良くお食事をなさってる!

 総てではないが、そんなリゾート風景があちらこちらで繰り広げられたのであった。